会社沿革

1938年

高砂香料工業株式会社は当地に日高工場を建設。
夏みかん果皮よりオレンジ油を中軸とした各種植物油並びに梅からクエン酸を製造。

1939年

木製2本ロールによる夏みかん搾汁機を開発。

1951年

自作手動式プレス搾汁機による夏みかん搾汁を開始。

1952年

高砂香料工業株式会社は地元農業協同組合と協力して日高工場を果汁工場として運営する南海果工株式会社を設立。
オレンジジュースが日本市場に紹介され柑橘混濁果汁の需要拡大を見据えていた。
特産の温州みかんを原料とした濃縮果汁を日本で最初に製造販売開始。
自作木製キャタピラ式連続搾汁機を夏みかん搾汁に導入。

1954年

「ナンカイうめドリンク」和歌山県産業課展で振興賞を受賞。
夏みかん、温州みかんの透明濃縮果汁製造開始。

1955年

真空棚式乾燥法による夏みかん、温州みかん、レモン等の100%果汁の粉末化に成功。

1957年

温州みかん100%粉末製品製造。
第一次南極越冬隊に300kg、防衛庁に個包装品30万食を納入。

1960年

フロン熱媒の二重効用ヒートポンプ式低温真空濃縮機の国産第1号を温州みかん果汁濃縮に導入。

1962年

米国からインライン搾汁機291型1台を国内の第1号機として導入。

1963年

ネクター製造装置一式を高砂香料工業株式会社が導入。
当社に設置しネクターの市場規模拡大に貢献。

1965年

インライン搾汁システムの一環として夏みかん果皮の乾燥を開始。

1967年

缶ラインを導入。

1968年

流動層乾燥機を導入し陳皮を製造開始。

1973年

缶ライン450シーマーを導入。

1980年

缶ラインレトルト殺菌機を導入。

1984年

TKホモミキサー、レオニーダー、高圧ホモを連結したフルーツソース製造装置を導入。

1986年

限外濾過装置(UF)を導入。

1999年

缶ライン充填室クリーンルームを導入。

2002年

農協系資本が抜け、株式会社サンヨーフーズが資本参加。

2003年

遠心式翼面薄膜型真空濃縮機を導入。

2006年

缶ラインUHT殺菌機を導入。

2010年

ドラム缶製品充填室にクリーンルームを導入。

2012年

FSSC22000の認証取得。

2014年

ISO14001の認証取得。

2016年

高砂香料工業株式会社が80%の持ち株比率となる。

2018年

「ナンカイうめドリンク」がモンドセレクション最高金賞を受賞。

トップへ戻る